社団法人 東京都警備業協会 Tokyo Security Service Association

  • このサイトについて
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字サイズの変更 標準 大
ホーム › 安全・安心なまちづくり › 東京都警備業協会の取り組み(振り込め詐欺被害防止)

安全・安心なまちづくり

東京都警備業協会の取り組み

特殊詐欺被害防止対策協定を警視庁と締結

ステッカー

声かけ表示

 

 
特殊詐欺被害防止対策協定締結

◎平成30年6月1日、東京都警備業協会と警視庁は、振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害防止に向け、連携を強化する協定を結びました。

  協定では、警備員がATMの操作をする高齢者などに声をかけて、詐欺の被害に遭っていないか確認するなどのルールを定めました。

 都内では今年に入って、警備員が不審に思って声を掛け、詐欺を未然に防いだケースが13件ありました。

 

特殊詐欺被害防止対策車両出発式

 

◎都内を走る現金輸送車をはじめとする警備会社の車両には、警視庁のキャラクター“ストッポ君”のイラストがついた『ストップ詐欺被害!声掛け活動実施中』のステッカーが貼られました。また、ATM近くで警備をする警備員は『声掛け活動実施中!』の表示を付けて警戒中です。

 

ホーム › 安全・安心なまちづくり › 東京都警備業協会の取り組み(振り込め詐欺被害防止)
↑このページの先頭へ

各種教育・講習等の手続き